HOME > 策伝大賞 > 第一回全日本学生落語選手権・策伝大賞大会
第一回全日本学生落語選手権・策伝大賞大会
第1回全日本学生落語選手権「策伝大賞」
 織田信長が天下統一の夢を育み、1300年の伝統をもつ鵜飼も行われている岐阜市。そんな魅力一杯の街に、戦国時代、安楽庵策伝は生まれました。説法の名手であった策伝は、さまざまな滑稽話・人情話を集めた「せいすいしょう醒睡笑」を著し、“落語の祖”と言われています。平成15年は、生誕450年にあたります。
        
 策伝和尚をシンボルキャラクターとしておこなわれる、「第一回全日本学生落語選手権・策伝大賞」は、笑いと感動を市民生活に根づかせる「笑いと感動のまちづくり事業」によって、スローライフ都市・日本一元気な県都を目指す岐阜市の新たな取り組み、そのシンボルイベントです。
 日本の伝統ある話芸文化の代表である落語の発展と、その次代の担い手となる学生の育成と交流の場になることを目指しています。
 全国の学生が、“笑いと感動”をキーワードとして岐阜市に集結します。
 あふれる情熱と若さを爆発させ、落語をはじめとした“笑いと感動”について、岐阜から新たなメッセージを全国に発信していきましょう!

クリックするとこの大会の詳しい様子がご覧になれます。
内 容
落語選手権を開催し、全国から集まる学生が『策伝大賞』を目指して、自慢の話芸を披露し、競い合います。
主 催
笑いと感動のまちづくり実行委員会
NHK岐阜放送局
共 催
(財)岐阜市公共ホール管理財団
後 援
文化庁、岐阜県、岐阜県教育委員会、岐阜市教育委員会
(財)岐阜県産業文化振興事業団
開催日時
平成16年
2月21日(土)予選会 
※予選終了後、実行委員会主催で交流会を開催
2月22日(日)決勝大会、トークショー、表彰式
※2月23日(月)には、実行委員会主催の『三枝・志の輔二人会』(有料公演)を開催 出演予定:桂三枝、立川志の輔ほか
会 場
<予選> 
・岐阜市文化センター・和室(特設ステージ)
岐阜市金町5−7−2      ・ 058-262-6229
・カフェ・ギャラリー川原町屋・蔵(特設ステージ)
岐阜市玉井町28        ・ 058-266-5144
・旅館望川閣・大広間(特設ステージ)
岐阜市若竹町1−22      ・ 058-231-4327
<決勝> 
長良川国際会議場メインホール“さらさ〜ら”
岐阜市長良福光2695−2   ・ 058-296-1200
大会形式
<予選>
最大45名の参加者が3会場に分かれ、各会場で2名の決勝進出者を決定する。
<決勝>
予選を通過した6名の参加者によって策伝大賞ほか各賞の受賞者を決定する(ただし、策伝大賞は該当者なしの場合もある)。
演 目
・予選と決勝で上演する演目は別でもよい。
・予選は10分以内、決勝は20分以内で演じること。
参加資格
・国内の大学、各省大学校、短期大学、高等専門学校に在籍する18歳以上(平成15年4月2日現在)の学生であること。
・アマチュアであること。
・同一大学、同一研究会(部)からの複数参加も可能。
・学校に研究会(部)などが存在しない場合や、所属しない場合の参加も可能。
参加申込方法
下記の2点を用意して、応募先に送付する。
・住所・名前・年齢・学校名・研究会(部)名・学年・予選の演目・連絡先(携帯電話もあれば記入)・研究会(部)の連絡先を記入した所定の応募用紙
・予選の演目の上演(稽古の模様も可)を録画したデジタルビデオカセットテープもしくはVHSビデオテープ(VHS/S−VHS)
  ※録画は演者を正面から全身以上の高座風景で撮影したものとする
  ※録画は標準モードで行うこと
  ※テープとケースの両方に、名前・予選の演目を明記すること
  ※テープは実行委員会が保管し、返却には応じない
  ※応募多数の場合、事前の審査を行う
平成15年8月1日(金)〜平成15年12月19日(金)必着
参加申込先
〒500−8720 岐阜市神田町1−11
岐阜市観光コンベンション室内
笑いと感動のまちづくり実行委員会」事務局
審査員
<予選> 
実行委員会代表、地元審査員ほか
<決勝> 
三遊亭圓歌
桂三枝
山田邦子
細江茂光(岐阜市長)
酒井和行(NHK岐阜放送局長)ほか
審査方法
審査基準
<予選> 会場ごとに審査員の合同審査で決勝戦出場者を決定
<決勝> 審査員による合同審査で受賞者を決定
落語の基礎を理解した上での上演の完成度を審査
表 彰
・策伝大賞1名
(実行委員会よりトロフィー・副賞・賞金30万円、NHK岐阜放送局より副賞)
・奨励賞 数名
(実行委員会よりトロフィー・副賞・賞金5万円、NHK岐阜放送局より副賞)
※ただし、策伝大賞は該当者なしの場合もある
問合わせ
「笑いと感動のまちづくり実行委員会」事務局
岐阜市役所観光コンベンション室 <担当:青山ほか>
TEL 058−265−4141(内線6232)
<受付時間:平日 午前9時〜午後5時>
FAX  :058−263−6631 
E-mail:info@sakuden.jp
その他
・実行委員会より1万円までの宿泊費補助
・「三枝・志の輔二人会」(2月23日)にご招待
決勝大会の模様はNHKによる番組化を予定
戻る
このページのTOPへ▲