HOME > 策伝大賞 > 第10回全日本学生落語選手権「策伝大賞」
大会概要
“落語の祖・安楽庵策伝ゆかりの岐阜市”
第10回全日本学生落語選手権『策伝大賞』
第10回全日本学生落語選手権「策伝大賞」

“落語の祖”と言われている安楽庵策伝は、現在の岐阜市三輪の生まれです。説法の名手であった策伝は、様々な落とし噺(ばなし)を集めた「醒睡笑(せいすいしょう)」を著し、“落語の祖”と呼ばれるようになりました。
スローライフ都市・日本一元気な県都を目指す岐阜市では、その策伝をシンボルキャラクターとし、平成15年度からNHK岐阜放送局との共催で、全日本学生落語選手権『策伝大賞』を開催しています。
昨年の第9回大会には、全国から過去最多となる51大学・大学院から250人もの学生が参加し、学生落語日本一をかけて熱い戦いを繰り広げました。
日本の伝統的な話芸文化である落語の発展と、落語の祖と言われる郷土出身の文化人・安楽庵策伝の顕彰、さらには次代の担い手の育成と交流の場を提供し、まちの賑わいを創出することを目的に、第10回全日本学生落語選手権『策伝大賞』を開催いたします。

開催日

<予選会> 
平成25年2月23日(土) 開場:10時30分 開始:11時(予定)
<決勝大会>
平成25年2月24日(日) 開場:13時 開演:14時(予定)

会 場

<予選・決勝>
長良川国際会議場
岐阜市長良福光2695-2 電話:058-296-1200

参加申込期間

平成24年12月15日(土)必着

大会形式

<予選>
出場者は4会場に分かれ、審査協議により決勝進出者(全会場から8名程度)を選出する。
<決勝>
予選を通過した8名程度の参加者によって決勝を行い、策伝大賞ほか各賞の受賞者を決定する。

参加資格
(1) 大学および大学院、各省大学校、短期大学、高等専門学校に在籍する18歳以上(平成24年4月1日現在)の学生であること。
(2) アマチュアであること。
(3) 同一大学、同一研究会(部)からの複数参加の場合、参加者は15名までとする。
(4) 学校に研究会(部)などが存在しない場合や、所属しない場合の参加も可能。
(5) これまでに策伝大賞を受賞した者は決勝には出場できません。
演 目
(1) 予選と決勝で上演する演目は別でもよい。
(2) 予選は6分以内、決勝は8分程度で演じること。(演技時間が大幅に超過した場合は減点対象となります。)
(3) 差別的・わいせつな表現、特定の個人・団体の誹謗・中傷にあたる内容は不可。
参加申込方法

下記の2点を用意して、平成24年12月15日(土)必着で送付のこと

(1) 郵便番号・住所・名前・年齢・学校名・研究会(部)名・学年・予選の演目・高座名・連絡先(携帯電話もあれば記入)・研究会(部)の連絡先を記入した所定の応募用紙。
(2) 予選の演目の上演(稽古の模様も可)を録画(6ヶ月以内)したデジタルビデオカセットテープもしくはVHSビデオテープ(VHS/S-VHS)、DVD-Rビデオ。
録画は演者を正面から全身以上の高座風景で撮影したものとする。
録画は自己紹介やめくりなど、高座名が分かるようにすること。
録画は標準モードで行い、必ず録画内容の確認をすること。
複数名での録画をまとめる際は、出演順及び演目開始時間と名前などを明記。
テープとケースの両方に、学校名、名前、演目を明記すること。
主催者による事前審査を実施する。
出場申込で頂いた個人情報は、出場に関する連絡のほかには使用いたしません。

応募用紙は事務局に請求いただくか、下記ボタンよりダウンロードしていただくことも可能です。

参加申込先

〒502−0817 岐阜市長良福光2695-2
長良川国際会議場 「策伝大賞」係

審査員
(予定)

<予選>
落語家、実行委員会代表、市民代表などの審査員
〈決勝〉
桂 文枝(落語家・上方落語協会会長)
立川志の輔(落語家)
田中優子(法政大学教授)
細江茂光(岐阜市長)
中村 正(岐阜市笑いと感動のまちづくり実行委員会会長)

審査基準

落語の基礎を理解した上での上演の完成度を審査。

表 彰

・策伝大賞 1名
(実行委員会よりトロフィー・副賞・賞金、NHK岐阜放送局より副賞)
・審査員特別賞 1名
(実行委員会より副賞・賞金、NHK岐阜放送局より副賞)
・敢闘賞 数名

※臨時で賞を設ける場合あり。

主 催

岐阜市、岐阜市笑いと感動のまちづくり実行委員会
NHK岐阜放送局

共 催

安楽庵策伝顕彰会、トリニティぎふ(長良川国際会議場指定管理者)

後 援

文化庁、岐阜県、岐阜県教育委員会、岐阜市教育委員会、(公社)岐阜青年会議所、(一社)落語協会、(公社)落語芸術協会、(公社)上方落語協会、日本笑い学会、朝日新聞社、岐阜新聞社、中日新聞社、日本経済新聞社、毎日新聞社、読売新聞社

協 賛

株式会社秋田屋本店、川原町屋&紙の蔵、岐阜聖徳学園大学、煦芒礎産業有限会社、(税)TACT高井法博会計事務所、JAぎふ、特定非営利活動法人和の未来

問合わせ

岐阜市観光コンベンション課内
岐阜市笑いと感動のまちづくり実行委員会事務局
電話:058-265-4141(内線6232)
<受付時間:平日 午前9時〜午後5時>
FAX:058-263-6631

長良川国際会議場
電話:058-296-1200
FAX:058-296-1210
E-mail:sakuden-info-0450@sakuden.jp

戻る
このページのTOPへ▲