HOME > 策伝大賞 > 第五回全日本学生落語選手権・策伝大賞"
 
再放送!
平成20年3月1日(土)〜2日(日)にかけて開催されました「第5回全日本学生落語選手権『策伝大賞』」の模様を紹介した番組「笑う岐阜に福来たる〜第5回全日本学生落語選手権〜」がNHK総合テレビ(東海・北陸)にて再放送されることになりました!

放送予定日時は下記の通りです。是非、ご覧ください。

「笑う岐阜に福来たる〜第5回全日本学生落語選手権〜」
 平成2025日(日)10:05〜10:59
 NHK総合テレビ(東海・北陸7県/愛知・岐阜・三重・静岡・福井・石川・富山)

 平成20年3月1日(土)、節目となる第5回全日本学生落語選手権『策伝大賞』予選会は、長良川国際会議場に設けられた、4会場にて行われました。出場者は昨年よりも大幅に増え、北は北海道、南は九州から集まった37大学148名の学生が腕を競い合いました。
4会場にて、半日にもわたる厳しい予選を勝ち抜いたのは、以下の7名の学生です。


()線亭(せんてい) ぽんぽこ 深沢北斗 (東北大学)
香車亭(やりてい) (うめ)(はる)  羽鳥広平 (筑波大学)
浪漫亭(ろまんてい) ()矢手(やて) 清水啓記 (関西大学)
中央亭(ちゅうおうてい) 可愛(かわいい) 須藤みなみ (中央大学)
香車亭(やりてい) (ろう)() 伊藤豪康 (筑波大学大学院)
でっ(てい) (ゆう) 早坂清花 (藤女子大学)
銀杏亭(いちょうてい) 駒粘(こまねち) 巽 彬宣 (大阪大学)

 翌3月2日(日)の決勝は、長良川国際会議場メインホールさらさ〜らにて、1,500人以上の観衆を前に、開催されました!予選を通過した7名は、レベルも高く、会場は終始笑いの渦が巻き起こりました。決勝大会には、桂三枝師匠、立川志の輔師匠、女優の生稲晃子氏をお迎えして審査を行っていただきました。また今年は、地元・岐阜の笑いを紹介するために、美濃地方に伝わる「美濃にわか」を演じていただきました。
 
審査の結果、第5回全日本学生落語選手権「策伝大賞」には、筑波大学の香車亭梅春こと羽鳥広平さんが選ばれました。演目は「青菜」。また、審査員特別賞には「強情灸」を披露した、中央大学の中央亭可愛こと須藤みなみさんが選ばれました。

 今回の策伝大賞・決勝大会の模様は、3月29日(土)午後4時〜午後4時54分 NHK衛星第二テレビ「笑う岐阜に福来る〜第5回全日本学生落語選手権」にて放送される予定です。ぜひ、ご覧ください!

クリックすると拡大表示します
<予選終了後、参加学生同士の交流会>
クリックすると拡大表示します
<みごと予選を勝ち抜き決勝に進出した7名>
クリックすると拡大表示します
<美濃に伝わる伝統芸能・美濃にわか>
クリックすると拡大表示します
<策伝大賞発表の瞬間>
クリックすると拡大表示します
<策伝大賞に輝いた香車亭梅春さん>
クリックすると拡大表示します
<審査員特別賞の中央亭可愛さん>
クリックすると拡大表示します
<審査員を囲んでの記念撮影>
 
戻る
このページのTOPへ▲