HOME > 策伝大賞 > 第7回全日本学生落語選手権・策伝大賞"
 
〜岐阜市制120周年記念事業〜
"落語の祖・安楽庵策伝ゆかりの岐阜市"

第7回全日本学生落語選手権「策伝大賞」


 平成22年2月27日(土)と28日(日)の両日、-岐阜市制120周年記念事業-第7回全日本学生落語選手権『策伝大賞』が、岐阜市の長良川国際会議場にて開催されました!出場者は昨年よりもさらに増え、北は北海道、南は九州から集まった、これまでで最多の44大学・大学院、193名の学生が腕を競い合いました。
 4会場に分かれ、半日にわたる厳しい予選を勝ち抜いたのは、以下の8名の学生です。

筑波亭(つくばてい) 團突(だんとつ) 及川 直人 (筑波大学)
銀杏亭(いちょうてい) 魚折(うぉーりー) 青山 知弘 (大阪大学)
浪漫亭(ろまんてい) 芭圧(ばあつ) さん 沖守 翔 (関西大学)
和朗亭 ( わろうてい ) 飯雀 ( いいじゃん ) 杉野 貴秀 (関西学院大学)
三流亭(さんりゅうてい) 今壱(いまいち) 高木 陽輔 (岐阜大学)
立命亭(りつめいてい)  雷都(らいと) 新川 慶光 (立命館大学)
我楽亭(わらってい) ハリト(はりと) ムズラックル ハリト (大阪大学大学院)
桜ん坊(さくらんぼう) 恋歌(れんか) 雨甲斐 加奈子 (慶應義塾大学)

 翌2月28日(日)の決勝は、長良川国際会議場メインホールにて、1,400人以上の大観衆を前に開催されました!決勝大会には、桂三枝師匠、立川志の輔師匠、宮嶋麻衣氏などをお迎えして審査を行っていただきました。

 審査の結果、最優秀賞にあたる「策伝大賞」には、大阪大学の銀杏亭魚折こと青山知弘さんが輝きました。演目は「動物園」。また、審査員特別賞には「初天神」を披露した、慶應義塾大学の桜ん坊恋歌こと雨甲斐加奈子さんが選ばれました。

今年はさらに、岐阜市制120周年を記念し、大阪大学大学院の和楽亭ハリトことムズラックル・ハリトさんに、「岐阜市制120周年記念賞」が贈られました。

  策伝大賞 岐阜市制120周年 審査員特別賞
氏名
青山 知弘
ムズラックル ハリト 雨甲斐 加奈子
高座名 銀杏亭(いちょうてい) 魚折(うぉーりー) 我楽亭(わらってい) ハリト(はりと) 桜ん坊(さくらんぼう) 恋歌(れんか)
大学名 大阪大学 大阪大学大学院 慶應義塾大学
演目 動物園 おしゃべり往生 初天神


今回の『策伝大賞』決勝大会の模様は、3月20日(土)午前8時〜午前8時50分 NHK衛星第二テレビにて「笑う岐阜に福来る!第7回全日本学生落語選手権」と銘うって放送される予定です。皆様ぜひ、ご覧ください!


 
クリックすると拡大表示します
予選に集まった出場者のみなさん
クリックすると拡大表示します
決勝大会に進出した8名
クリックすると拡大表示します
審査員特別賞を受賞された、慶應義塾大学の雨甲斐 加奈子さん
クリックすると拡大表示します
岐阜市制120周年記念賞を受賞された、大阪大学大学院のムズラックル ハリトさん
クリックすると拡大表示します
策伝大賞に輝いた、大阪大学の青山 知弘さん
クリックすると拡大表示します
杵屋勝哉社中による長唄の披露です
クリックすると拡大表示します
審査員を囲んでの出場者による記念撮影
戻る
このページのTOPへ▲