HOME策伝大賞 > 第9回全日本学生落語選手権・策伝大賞
 
“落語の祖・安楽庵策伝ゆかりの岐阜市”
第9回全日本学生落語選手権『策伝大賞』

平成24年2月25日(土)と26日(日)の両日、第9回全日本学生落語選手権『策伝大賞』が、岐阜市の長良川国際会議場にて開催されました!出場者は昨年よりもさらに増え、北は北海道、南は九州から集まった、これまでで最多の51大学・大学院、250名の学生が腕を競い合いました。
4会場に分かれ、半日にわたる厳しい予選を勝ち抜いたのは、以下の8名の学生です。


氏名 高座名(よみがな) 所属大学
沖守 翔 浪漫亭 芭圧(ろまんてい ばーつ) 関西大学
森永 京子 華乃 めろでぃ(はなの めろでぃ) 関西学院大学
高瀬 誠也 味覚亭 強次(みかくてい きょうじ) 駒澤大学
園田 光 ひかる亭 源氏(ひかるてい げんじ) 日本大学
中島 慶一郎 道楽亭 海人(どうらくてい しーまん) 京都大学
滝口 彩香 おもち家 ぶりき(おもちや ぶりき) 青山学院大学
君島 龍一 面白家 さんおつ(おもしろや さんおつ) 慶應義塾大学
長原 耕太郎 銀杏亭 駒潮(いちょうてい ごましお) 大阪大学

2月26日(日)の決勝は、長良川国際会議場メインホールにて、1,400人以上の大観衆を前に開催されました!決勝大会には、桂三枝師匠、立川志の輔師匠、大林素子氏などをお迎えして審査を行っていただきました。

審査の結果、最優秀賞にあたる「策伝大賞」は、京都大学の道楽亭海人こと中島慶一郎さんに輝きました。演目は「悋気の独楽」。また、審査員特別賞には「親子酒」を披露した、青山学院大学のおもち家ぶりきこと滝口彩香さんが選ばれました。

  策伝大賞 審査員特別賞
氏名 中島 慶一郎
(なかしま けいいちろう)
滝口 彩香
(たきぐち あやか)
高座名
(よみがな)
道楽亭 海人
(どうらくてい しーまん)
おもち家 ぶりき
(おもちや ぶりき)
大学名 京都大学4年 青山学院大学3年
演目 悋気の独楽 親子酒

また、岐阜市で本年開催するぎふ清流国体・ぎふ清流大会の開催を記念し、8人の中から、特別賞として、岐阜市長賞・ミナモ賞が長原さんに贈られました。

  岐阜市長賞・ミナモ賞
氏名 長原 耕太郎(ながはら こうたろう)
高座名
(よみがな)
銀杏亭 駒潮(いちょうてい ごましお)
大学名 大阪大学4年
演目 天狗裁き

今回の『策伝大賞』決勝大会の模様は、ぎふスペシャル「第9回全日本学生落語選手権」平成24年3月16日(金) 午後8時〜8時43分 <NHK総合テレビ/岐阜県域>にて、放送されました。

 
クリックすると拡大表示します
決勝に進出した8名
クリックすると拡大表示します
策伝大賞に輝いた
京都大学の中島慶一郎さん
クリックすると拡大表示します
審査員特別賞を受賞された
青山学院大学の滝口彩香さん
クリックすると拡大表示します
岐阜市長賞・ミナモ賞に選ばれた
大阪大学の長原耕太郎さん
クリックすると拡大表示します
アトラクションには
幇間・喜久次と舞妓・喜久雛による
お座敷芸が披露されました
クリックすると拡大表示します
ぎふ清流国体開催を控え、ミナモも
登場してくれました
クリックすると拡大表示します
審査員を囲んでの出場者による記念撮影
戻る
このページのTOPへ▲