日本の伝統的な話芸文化・落語の発展と、“落語の祖”と言われる郷土出身の高僧「安楽庵策伝」の顕彰、 さらには次代の担い手の育成と交流の場を提供し、まちの賑わいを創出することを目的に、全日本学生落語選手権『策伝大賞』を開催しています。

これまでの策伝大賞

新着情報

2019年11月18日
【学生の皆さんへ】第17回策伝大賞 出場申込受付を開始しました!
2019年11月15日
文枝・志の輔 春待ち二人会を掲載しました
2019年11月15日
第17回策伝大賞の観覧申込みを掲載しました
2019年3月29日
策伝大賞の再放送が決定しました。是非ご覧ください!
「めざせ!学生落語の日本一 ~ブーム支える大会に密着~」(25分)
2019年4月12日(金)※11日(木)深夜 午前0時~0時25分<NHK BS1/全国>
※放送予定は変更になる場合があります。
2019年3月8日
第16回策伝大賞の結果報告を掲載しました
  • 春待ち二人会 平成30年2月19日(月)
  • 春待ち二人会 平成30年2月19日(月)

全日本学生落語選手権策伝大賞

第17回全日本学生落語選手権「策伝大賞」

第17回全日本学生落語選手権
『策伝大賞』

開催日時

予選会:
令和2年2月22日(土)
決勝大会:
令和2年2月23日(日)

会場

予選会:
長良川国際会議場内4会場
決勝大会:
長良川国際会議場メインホール
  • 大会概要
  • 大会概要

これまでの策伝大賞一覧を見る

落語の祖「安楽庵策伝」ゆかりの地・岐阜

落語の祖「安楽庵策伝」ゆかりの地・岐阜

岐阜生まれの古典落語の祖、安楽庵策伝(あんらくあんさくでん)。説法の名手で、さまざまな滑稽話・人情話を集めた「醒睡笑(せいすいしょう)」を著し、落語の祖と言われています。その策伝和尚は本市の出身、現在の岐阜市三輪にある淨音寺にて出家し、後には住職となりました。一時は岐阜市西荘にある立政寺にも住し、岐阜市にはとてもゆかりの深い人物なのです。

詳しく知る

全国落研NAVI (大学落語サークルリンク)

  • 公益財団法人 岐阜観光コンベンション協会
  • 長良川国際会議場
  • ぎふ長良川鵜飼
  • 公益財団法人 岐阜観光コンベンション協会
  • 長良川国際会議場
  • ぎふ長良川鵜飼